サブコース紹介

理科教育科

理科教育科

理科教育科の紹介

 理科教育科は、義務教育および高校教育における理科担当教員を養成することを主な目的としています。本科は、理科教育全般についての教材研究や教科教育方法について研究・教育する「理科教育教室」および初等・中等教育における理科の各分野について研究・教育する「物理学教室」、「化学教室」、「生物学教室」、「地学教室」で構成されています。このような自然科学の各分野で構成されている本科は、自然界に対する幅広く、しかも正しい認識を持った教員を養成することに勤めております。そのため、本科の学生は、3年次から各教室の研究室所属となり、各自の研究テーマに関する実験・観察など、卒論に向けた取り組みを精力的に行っております.このような経験を経て十分な力量を備えた理科に強い教員を輩出すべく、本科の教員は日々学生の指導に当たっております。

研究室の紹介 - 教 授 : 武井 隆明 -

takei

 大学とは組織的に学ぶ(教える側と教わる側が明確に分離している)最後のシステムと考えます。社会に出れば先輩後輩こそあれ同僚になります。それ故大学とは社会に出る最後の準備期間と捉えて指導しているつもりです。特に全学共通教育の「自然のしくみ」や卒業研究で強く意識しています。専門が分光学なので色に係わった卒業研究のテーマが多いですが、テーマや結果よりその学んで研究する過程こそが大切だと思っています。

<研究内容>
分子の回転構造を含む高分解電子遷移スペクトルの測定、分子励起電力状態の構造論
<講演・講義可能なテーマ>
原子・分子の世界、地球温暖化のしくみ、光と色の世界

研究室の紹介 - 教 授 : 重松 公司 -

shigematu

 形状安定分子が作る分子性結晶は、温度・圧力に応じ、複数の結晶構造(多形)を示し、低圧・高温相に、無秩序相(構造に無秩序部分がある)を持つことが多い。例えば、シクロヘキサン、四塩化炭素、奇数直鎖アルカン.これら結晶の無秩序/秩序相転移や固相間結晶成長をダイヤモンドアンビルセルで観察し、結晶の平衡形の成因を研究している。写真は、固相1(無秩序相)の中で成長するシクロヘキサンの固相3の結晶.右の方が、温度・圧力ともに高い。 

<研究内容>
液体からのアルカン類の圧力制御結晶成長の研究
水溶液からのルビジウム塩の圧力制御結晶成長の研究
複酸化物系の液体物性の研究
<講演・講義可能なテーマ>
単位系、物質の科学、資源とリサイクル

研究室の紹介 - 教 授 : 土屋 信高 -

tuchiya

 大陸地殻の主成分である花崗岩について、様々な研究を行っています。主な対象は北上山地の花崗岩であり、また2008年度からアラビア半島のオマーンに分布するオフィオライト(陸地にのし上がった海洋プレートの断片)中の花崗岩の研究も開始しました。

 写真はオマーン調査での記念写真であり、後ろに見えるのは約9700万年前に海嶺で形成された枕状溶岩です。これらの岩石の研究から、地球の営みの1ページを描き出すことが第一の目標です。

<研究内容>
大陸地殻の形成機構、東北日本の白亜紀火成活動と海嶺沈み込み
オマーンオフィオライト中の珪長質岩、花崗岩成因論
<講演・講義可能なテーマ>
地球の歴史、花崗岩の成因、岩手の地質

研究室の紹介 - 教 授 : 名越 利幸 -

satouyukio

 小・中学校の理科授業における実験授業などの指導法について、研究を行っています。具体的には、小中学校と研究協力し、理科の新教材の開発を行ったり、指導法の工夫に関する評価手法の研究などを行っています。一方、純粋な気象学、特に岩手における局地気象学の研究も、学生達とともに進めています。

<研究内容>
理科教育カリキュラム及び実践教材開発に関する研究
局地気象学の理論・観測・実験による調査研究
<講演・講義可能なテーマ>
”青い空と白い雲”の科学、雲を読む、理科離れと自由研究のすすめなど
気象教育に関する内容
ヒートアイランドとクールアイランドの科学、海陸風と山谷風と人の暮らし、
気象情報の読み方・学び方など、気象学に関する内容

研究室の紹介 - 教 授 : 安川 洋生 -

yasukawa

 遺伝子組換え技術、遺伝子解析技術、細菌培養技術、バイオインフォマティクス技術を使って、有用な細菌の探索と解析、細菌バイオフィルムの制御、細菌の抗菌薬感受性の解析、病原菌の早期検出、に役立つ研究を行っています。また、光活性化酵素の分子構造を解析し、新規な生命科学実験ツールの開発を行っています。細菌の分子レベルの研究を通して、生命現象の物理化学、安心安全な細菌とのつき合い方、感染症予防の心得等について学生に学んでもらいます。

<研究内容>
微生物のバイオフィルム形成機構、微生物の抗菌剤耐性化機構、光応答性タンパク質の分子構造
<講演・講義可能なテーマ>
バイオフィルムの形成機構と除去法、微生物の抗菌剤耐性化と伝播、光応答性タンパク質の解析と応用

 

 

研究室の紹介 - 教 授 : 菊地 洋一 -

kikuchi

 その1;主に天然水中の 微量金属イオンなどを対象に、新規な高濃縮分析法の開発や高価は分析機器を用いない簡便な分析法の開発を研究しています。その2;小中学校における物質学習の在り方について、粒子概念の導入および活用に着目して研究しています。小中学校の先生方と協同で、科学的思考力の育成を目指す物質学習スタイルを岩手から発信したいと考えています。

<研究内容>
溶媒抽出平衡の解析と新規な抽出法の開発
天然水を対象とした分析法の開発
物理学習のあり方
<講演・講義可能なテーマ>
水の科学、粒子概念について

研究室の紹介 - 准教授 : 梶原 昌五 - 

kajiwara

 三陸沿岸と陸奥湾等で養殖されているマボヤ(原索動物)の光受容器(眼)と生殖活動との関係を調べたり、神経系の立体再構築を試みています。また、人間活動が海の生物に及ぼす影響を調べたり、アメリカの環境教育方法を、実際に日本の学校教育の中で試し、その効果を比較しています。ESD(持続可能な開発のための教育)の実例についても研究中です。

<研究内容>
マボヤの神経系、環境教育、水産・養殖
<講演・講義可能なテーマ>
いろいろな動物の目(講義)、磯の生物の生態学(講義)
環境教育プログラム(実践)
※ 理科サブコースのページへ