サブコース紹介

社会科教育科

社会科教育科

社会科教育科の紹介

 社会科教育科の専門教育は、2年生の後期(10月)から研究室に所属することから本格的に始まります。それぞれの研究室では、演習や実習を通して専門分野についてさらに深く勉強します。

 研究室は、考古学、自然地理学、人文地理学、日本史、世界史、法学、経済学、社会学、倫理学、社会科教育学の10の研究室です。各研究室の教員がみなさんの実質的な担任として対応しています。学問のこと、進路のこと、学生生活のことなど、なんでも相談してみてください。

 いつでも研究室を訪ねて見てください。教員だけでなく学生も、できるだけお相手したいと思います。

研究室の紹介 - 教 授 : 遠藤 匡俊 -

endou

 教育では、人文地理学の講義、演習、実習などに携わっています。とくに現地に出かけて自分で見て、聞いて、肌で感じるというように、自らが実際に 経験することを重視しています。研究では、近世アイヌの文化と社会について、世界の狩猟採集民と比較しながら分析しては考察しています。

<研究内容>
狩猟採集民アイヌの社会構造
近世アイヌの文化
<講演・講義可能なテーマ>
アイヌ文化と社会、世界の地域と民族

 

研究室の紹介 - 教 授 : 菅野 文夫 -

kanno

  岩手を中心とする東北史が、主要な研究テーマのひとつです。平安末の平泉藤原氏から、16世紀末に豊臣政権への最後の抵抗となった九戸一揆までの時代をあつかっています。ゼミでは鎌倉時代の歴史書である『吾妻鏡』、江戸時代の盛岡藩家老席日誌である「雑書」をテキストとして、学生諸君が身近な地域の歴史を自分で研究する能力を獲得することを目的に、史料の読解力を養成します。

<研究内容>
土地証文を中心とする中世古文書学、中世奥州政治史
<講演・講義可能なテーマ>
北東北を中心とする中世史(奥州藤原氏から九戸政実の乱まで)
中世古文書の読み方

研究室の紹介 - 教 授 : 麦倉 哲 -

mugikura

 社会学研究室では、①格差と貧困、②社会の安全、③地域社会の振興を3つの柱に掲げています。所属する学生たちは、ホームレス問題、労働問題、観光振興、地域防犯などのテーマを掘り下げて、卒業論文へと仕上げます。授業は、専門書を購読して知識を身につけるのみならず、校外に出て合宿調査に取り組みます。大震災を経験して、個人や地域社会がどのように復興するかも重要なテーマとなりました。写真は、有機農業体験をする学生。

<研究内容>
ホームレス自立支援、福祉のまちづくり、社会の安心・安全
<講演・講義可能なテーマ>
格差社会とホームレス、人にやさしいまちづくり、災害の社会学、死者との対話

 

 

研究室の紹介 - 教 授 : 宇佐美 公生 -

 イマニュエル・カントの思想を手がかりにしながら、近現代の倫理学上の諸問題を研究してきました。カントは、道徳の成立には「自由」が必要であると考えました。しかし現代の科学は、一方で自由意志の可能性を否定する傾向にあります。他方で現代の公民教育を考えるとき、責任や平等との関係で「自由」はとても重要です。近年は「正義論」の研究等とも絡めながら、自由の意義を公民教育に生かす可能性を考えています。

<研究内容>
道徳の基礎付け、近代倫理と自由論・正義論、カント哲学研究
<講演・講義可能なテーマ>
道徳とは何か、自由と平等と正義、カントの哲学について

研究室の紹介 - 教 授 : 佐藤 由紀夫 - (生涯教育課程担当)

satouyukio

 縄文時代から弥生時代へと変化する紀元前一千年紀の研究を主に進めています。現在の鍋・釜に相当する甕・深鉢形土器の大きさや使用痕の変化から、食生活や生業の変化を追求しています。また、石器の比重から流通を考えたりもしています。列島内の異文化間の関係にも興味があり、沖縄や北海道にも出かけて資料調査をしています。学生とは盛岡市内の米内川流域の遺跡踏査を行っており、写真は出土した土器の接合をしているものです。

<研究内容>
縄文・弥生移行期の研究、日本列島内異文化の比較研究
<講演・講義可能なテーマ>
東北地方における弥生文化のはじまり、東北弥生文化と北海道縄文文化について

 

 

研究室の紹介 - 教 授 : 今野 日出晴 -

konno

 学校教育のなかの社会科教育を専門としています。学生や院生、そして県内の先生方とともに、具体的な授業づくりを通して、歴史教育の理論と実践について研究しています。また、戦争体験や戦場体験などの個人の体験を、全体の歴史にどのように位置づけ、描いていくことができるのか、歴史認識や歴史叙述の問題を考えてきました。小さな声に耳をすまし、歴史に生きた人々の経験に立ち戻ることの重要性を感じています。

<研究内容>
歴史教育の理論と実践、戦争体験・被爆体験論
<講演・講義可能なテーマ>
歴史教育論の現在、戦争体験から学ぶこと

 

 

研究室の紹介 - 准教授 : 安井 もゆる -

yasui

 西洋史のゼミでは、外国語や日本語の文献を読んだり、学生が自分の研究内容について発表したりしています。私自身の専攻は古代ローマ史ですが、学生たちは古代から近現代にいたるまで、それぞれ好きなテーマを選んで勉強しています。

<研究内容>
ローマ共和政政治史、西洋古代における歴史叙述
<講演・講義可能なテーマ>
西洋古代史研究の現状

 

 

研究室の紹介 - 准教授 : 土屋 直人 -

tuchiya

 戦前・戦後の教育史・教育政策の展開等を視野に入れつつ、政治的教養・市民的資質の形成という問題意識から、公民教育の歴史・理論及び実践について勉強しています。また、昭和戦前期・戦後初期の東北における生活綴方実践、北方(性)教育の教育遺産に着目し、資料収集や教育実践記録の講読などを通して教師たちの歩みを探り、生活教育の原理や社会認識教育の意義、現今の社会科教育実践への示唆を見い出そうと努めています。

<研究内容>
近代日本公民教育史、平和教育、生活綴方・北方性教育
<講演・講義可能なテーマ>
社会科教育実践史、平和教育論、生活綴方・北方性教育運動

 

 

研究室の紹介 - 准教授 : 菊地 洋 -

hkikuchi

 憲法と聞くだけで「敷居が高い」と思われがちですが、そんなことはありません。身近な事例を取り上げながら、分かりやすい講義を心がけています。

 研究では、多文化主義の元で文化的・民族的な違いを尊重しながらひとつの社会を形成しているカナダを参考に、多文化共生社会を目指す日本で今後必要となる法制度や権利解釈について検討しています。
 憲法は守備範囲の広い学問なので、社会問題などに興味があれば一度研究室を覗いてみてください。

<研究内容>
人権論、マイノリティの権利保障、多文化主義
<講演・講義可能なテーマ>
憲法とは何か、人権とは何か、アイヌ民族の権利保障、多文化主義の現状と課題