学部紹介

実践的力量を高める4年一貫の教育実習

1年次に観察実習、2年次に学校体験実習、3年次に教育実習研究・教育実習、4年次には副免実習・特別支援実習という4年一貫の教育実習と、教育現場への学生派遣事業による本格的な実地体験により、教員としての実践的な力を身につけていきます。

あらゆる教育現場を体験できる附属学校

教育学部には、幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校の4つの附属学校があります。 附属学校は、希望する教員免許取得のための教育実習の場であり、教育研究のための実践の場として重要な役割を担っています。 学生は、附属学校での体験を通して、教員としての実践力を養うことができます。

地域に開かれた附属施設教育実践総合センター

教育実践総合センターでは、地域社会や学校、保護者と協力して、教育に関わる諸問題について幅広い視点から専門研究を行っています。いじめや不登校などに関する相談やアドバイス、より良い教育カリキュラムの開発や各種教育プロジェクト、地域の学校への学生派遣など、取り組みは多岐にわたります。

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

教育学部では、以下のような学生を求めます。

  1. 実践的指導力を有する教師や、生涯教育分野や芸術分野での指導者を目指す学生
  2. 自ら学ぼうとする意欲を持ち、諸課題に主体的に対応できる基礎的能力を有する学生
  3. 豊かな人間性を備え、コミュニケーション能力や協調性に優れた学生
  4. 現代社会の抱える諸問題に対し、自ら目指そうとする分野における課題と結びつけ、積極的に取り組む意欲と姿勢のある学生

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学部は、教育に関わる実践的な知識・技能と学術諸分野に関する専門的な知識の修得を通して、幅広い視野と専門的な能力を持つ学校教員、地域社会における生涯教育の指導者及び芸術文化活動の指導者の養成を目的としており、各課程の学位授与の方針に該当する者に学位を授与しています。

詳細はこちらからご覧ください。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 教育学部では、教育に関わる実践的な知識・技能と学術諸分野に関する専門的な知識の修得を通して、幅広い視野と専門的な能力を持つ学校教員、地域社会における生涯教育の指導者及び芸術文化活動の指導者の養成を目的とします。 この教育目的達成のために、学校教育教員養成課程、生涯教育課程、芸術文化課程ごとに、全学共通教育科目と専門教育科目で構成される系統的な教育課程を編成しています。

詳細はこちらからご覧ください。