学部紹介

学部長挨拶

ようこそ!岩手大学教育学部へ 

 

教育学部長 遠藤孝夫
教育学部長 遠藤孝夫

 岩手大学教育学部は、1876年(明治9年)設置の盛岡師範学校を前身としており、以来約140年にわたって、岩手県をはじめ全国に優秀な教員を輩出してきました。特に、岩手県内の教員に占める岩手大学教育学部出身者の割合は、小学校教員で約50%、中学校教員で約40%を占め、地域における教員養成の中心的役割を果たしています。

 平成28年度から、岩手大学教育学部は改組して新しい体制へと生まれ変わりました。これまであった生涯教育課程と芸術文化課程の2課程を廃止(募集停止)とし、教育学部は学校教育教員養成課程の1課程だけの学部となりました。つまり、教育学部は前身である盛岡師範学校の原点に戻って、教員養成に特化した専門学部として再出発したことになります。平成28からは、これまで以上に教員養成機能を充実・強化するとともに、地域の学校教育のニーズにも応えるために、従来の2コースから、①小学校校教育コース、②中学校教育コース、③理数教育コース、④特別支援教育コースの4コース制へと変更し、複数の教員免許状(例えば小学校の免許状と中学校の免許状)の取得を義務づけることとしました。

 子どもは、誕生した瞬間から「学ぶこと」を通して、「人間」へと成長していきます。そんな可能性に満ちた子どもに寄り添い、彼らの可能性が開花するように適切な支援や指導を行うのが「教員」という職業です。しかし、一人ひとりの内部に秘められている可能性を見つけ出すことは、とても難しいことです。『星の王子さま』の一節にもある通り、「大切なものは目に見えない」からです。教員が一つの専門職として位置づけられ、高度な専門性が必要とされるのはこのためです。私たちの教育学部は、教員養成の専門学部としての充実したカリキュラムと優秀な教員団によって、子ども一人ひとりの可能性を見つけ出し、彼らの未来を創造できる確かな専門性を備えた教員を養成します。

 岩手大学教育学部は、これからの学校教育を担う意欲と専門性を備えた教員を輩出することにより、これまで以上に地域の学校教育の発展に貢献したいと考えています。関係の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。