学部紹介

沿革

岩手大学創設以前

沿革

岩手大学創設以後

昭和24年(1949)5月岩手大学(農学部、工学部、学芸学部)を創設
昭和26年(1951)4月学芸学部に4年課程の小学校・中学校の各教員養成課程(甲類)と2年課程の小学校・中学校の各教員養成課程(乙類)を置く
   小学校・中学校・幼稚園の各附属施設を設置
昭和30年(1955)7月特別教科(美術・工芸)教員養成課程を設置
昭和31年(1956)3月中学校教員養成課程(2年課程)の募集停止
昭和33年(1958)3月小学校教員養成課程(2年課程)の募集停止
昭和35年(1960)3月学芸専攻科(美術工芸専攻)を設置
昭和41年(1966)4月学芸学部を教育学部に改称
   学芸専攻科を教育専攻科に改称、同専攻科に教育専攻を増設
昭和42年(1967)4月養護学校教員養成課程を増設
昭和49年(1974)4月附属養護学校を設置
昭和52年(1977)4月特殊教育特別専攻科(精神薄弱教育専攻)を設置
昭和53年(1978)4月附属教育工学センターを設置
平成2年(1990)6月附属教育実践研究指導センターを設置(附属教育工学センターを改組)
平成7年(1995)3月教育専攻科(教育・美術工芸の2専攻)を廃止
  4月大学院教育学研究科(修士課程)を設置(3専攻4専修)
   学校教育専攻、障害児教育専攻、教科教育専攻(国語教育、理科教育、美術教育、技術教育の4専修)
平成8年(1996)4月教育学研究科(修士課程)教科教育専攻に3専修(社会科教育、音楽教育、英語教育)を増設
平成9年(1997)4月教育学研究科(修士課程)教科教育専攻に家政教育専修を増設
平成10年(1998)4月教育学研究科(修士課程)教科教育専攻に保健体育専修を増設
平成12年(2000)4月教育学部を改組し、学校教育教員養成課程(小学校教育、中学校教育、障害児教育の3コース)、生涯教育課程(生涯教育、スポーツ教育の2コース)、芸術文化課程(造形、音楽の2コース)を設置
   教育学研究科(修士課程)教科教育専攻に数学教育専修を増設
平成13年(2001)4月附属教育実践総合センターを設置(附属教育実践研究指導センターを改組)
平成19年(2007)4月特殊教育特別専攻科を特別支援教育特別専攻科へ改称
   附属養護学校を附属特別支援学校へ改称
平成21年(2009)4月教育学部のコース再編により、学校教育教員養成課程(学校教育、特別支援の2コース)、生涯教育課程(日本語・地域文化、スポーツ教育の2コース)、芸術文化課程(美術・デザイン、書道、音楽の3コース)へ変更
   教育学研究科(修士課程)学校教育専攻、障害児教育専攻を改組し、学校教育実践専攻(教育実践、特別支援教育の2コース)となり、教科教育専攻(国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、英語教育の8コース)との2専攻10コースへ変更
   特別支援教育特別専攻科を廃止