教育実践研究中間発表会(M1)!

 平成29年度岩手大学教職大学院教育実践研究中間発表会が2日16日に岩手大学北桐ホールにて行われました。今回の発表会は教職大学院2期生が2年間で進めていく教育実践研究の中間発表を行い、大学の先生方から、様々なご意見をいただくことを趣旨としています。どの発表も、教職大学院での授業科目の履修による理論知と専門実習での実践知を往還・融合させることによって新たな知見を生み出すことをねらいとしたものになっていました。2期生はこの後、さらに1年間研究を積み重ね、来年の2月には岩手県教育研究発表会でも実践研究の発表を行うことが予定されています。県内外の先生方に、研究の成果をしっかりと還元できるように、今後もしっかりと研究に励んでいってほしいと思います。