プログラム

子ども支援力開発プログラム

◇子ども支援力開発プログラム  

 いじめや不登校など、子どもたちの生活上・発達上の諸課題を的確に把握し、適切な支援ができる高度な専門的力量を備えた人材を育成する。なお、学校心理士の受験資格を得ることが可能。  

 ■科目例   学校カウンセリングの理論と実践、心理教育的援助サービスの理論と実践 など  

 ■専門実習 「子ども支援力開発実習」の目的(抜粋)   

 〔学卒院生〕

 子ども支援に係る諸要因について理解し、学校教育目標を実現させ児童生徒一人ひとりの成長に資する一教員として果たすべき役割について自覚を深め、一人ひとりの児童生徒を有効に支援する基礎的能力を獲得する。   

 〔現職院生〕

 子ども支援に係る諸要因について理解し、学校教育目標を実現させ児童生徒一人ひとりの成長に資するリーダー的な教員として果たすべき役割について自覚を深め、一人ひとりの児童生徒を有効に支援する基礎的能力と関係組織を運営する力を獲得する。