プログラム

特別支援教育力開発プログラム

◇特別支援教育力開発プログラム  

 特別支援学校及び通常学校における特別支援教育を推進できる高度な専門的力量を備えた人材を育成する。なお、特別支援学校教諭専修免許状(知的障害者、肢体不自由者、病弱者)の取得が可能。  

 ■科目例   通常学級における特別支援教育の実践と課題、特別支援心理教育アセスメント など  

 ■専門実習 「特別支援教育力開発実習」の目的(抜粋)   

 特別支援教育力開発実習においては、上記の学校マネジメント力開発実習、授業力開発実習、子ども支援力開発実習の内容に加えて、次のような特別支援教育における独自の専門的力量を獲得する。現職院生は専門的力量に加えてこれらの指導できる力量を獲得する。  

  〇特別支援学校特有の指導形態として教科・領域を合わせた指導等の授業開発に係る実践力  

  〇障がいのある児童生徒への理解に基づく個別指導計画の作成とその運用,対象児への支援に係る実践力  

  〇児童生徒の状況把握において生命維持等を含む危機管理に関する役割遂行のための実践力   

  〇キャリア教育等の今日的課題への対応力  

  〇通常学級,特別支援学級及び通級における特別支援教育への支援・助言にかかる実践力