教育学研究科紹介

岩手大学大学院教育学研究科のご案内

教職大学院への改組について(平成28年4月)

地域の教育水準を高め、高度な専門性と実践力を備えた人材を育成

 岩手大学大学院教育学研究科は、近年の学校教育を取り巻く社会状況の変化や多様化・複雑化する教育課題に対応することができる高度な専門知識と実践力を備え、併せて地域社会・文化の向上に寄与することのできる専門的資質・能力を備えた人材の育成を目的としています。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

 教育学研究科・教職実践専攻(教職大学院)は、学校教育に関する「理論と実践の融合」の理想を掲げ、これからの学校教育をリードする専門的力量を備えた管理職及びミドルリーダー教員を養成するとともに、新しい学校づくりの有力な担い手となる新人教員の養成を目的としています。そのために、本教育学研究科・教職実践専攻では、次のような人を求めています。

○学卒院生

 教員としての基礎的・基本的な力量を有しており、新たな学校づくりの有力な担い手となろうとする強い意欲と資質を有する人

○現職院生

 学校教育現場が抱える諸課題とその解決に強い関心を有しており、将来的には管理職として学校運営のリーダーシップを発揮したり、ミドルリーダーとして学校の教育活動の中核的役割を果たそうとする強い意欲と資質を有する人

 

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学研究科では、所定の課程を修了し、各専攻の学位授与の方針に該当する者に学位を授与しています。

詳細はこちらからご覧ください。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育学研究科は、学校教育実践専攻、教科教育専攻から成り、それぞれ教育課程を編成、実施しています。

詳細はこちらからご覧ください。