教育学研究科紹介

院生メッセージ

〇学卒(授業力・小学校)阿部 美郷
 教職大学院1期生としての2年間は、出逢いに恵まれ、理論的研究と実践を重ねながら、充実した学びを得ることができました。とりわけ、学級経営や授業実践については、連携協力校での実習において様々な先生方のやり方を学び、学年・学級の経営に参加させていただきました。その中で、授業は、毎日の児童理解、教員同士の連携による学級経営、地域や家庭との繋がりによって磨き上げられていくことを実感することができました。支えてくださった全ての方に感謝し、これからは自分の学級の子どもたちのために生かしていきたいと思います。

〇学卒(授業力・中学校)宮野 きみ子
 教職大学院で学んだ2年間は、あっという間に過ぎていきました。講義や実習に取り組んでいく中で、様々なことを学ぶことができました。その中で印象に残っていることは、他校種の方々と話す機会があったことです。講義はもちろんのこと、その他様々な場面で話すことができ、自身にはない視点を学ぶことができました。特に、特別支援教育について、現職の先生方と話すことができ、貴重な学びとなりました。教職大学院では、現職・学卒が共に受講する中で、現職の先生方から学校現場の実態や他校種のことを学ぶことができます。それが、教職大学院の魅力の1つだと思います。

〇学卒(授業力・高校)村上 貴大
 この岩手大学教職大学院で学んだ2年間は,自分にとってとても有意義な時間になりました。大学院では,現職の院生の方々と同じ授業を受け,教材研究の意義から始まり学校・学級経営に関わることまで,学校教育の幅広い分野について学ぶことができました。それによって,新たな知識を得たり,新たな見方ができるようになったりしました。短い期間でしたが,講義や実習,自身の研究を通して得た知識や経験は,これからの教職の基礎になっていくことと思います。今後は,この大学院で得たつながりを大切にしつつ,これまでの学びを岩手の教育に還元していきたいと思っています。2年間ありがとうございました。

〇学卒(子ども支援)光成 芳
 同じ一つの広い院生室で,朝から夕方まで現職・学卒ともに時間を過ごしたこの二年間での学びは,当然学部時代にはできないような質の高いものばかりでした。少人数の院生に対して現場を知り尽くした倍以上の数の教授や現職院生の先生方に指導していただけるなんて,人生では最初で最後の機会であったでしょう。私は子ども支援力開発プログラムに所属していましたが,講義や実習ではプログラムも関係なく,自分の学びたい授業を広く履修することが出来ました。本研究科の第一期生として修了を迎える今,次は私が現場で,この二年間の学びを力に変え,還元していくことが使命なんだと感じます。

〇現職(授業力・小学校)吉田 隆
 教職大学院での2年間の学びはかけがえのない経験となった。特にも教育実践研究において,次期学習指導要領の重点である「社会的な見方・考え方」「社会参画」を念頭に「防災」に関する研究を実践を通して検証できたことは大きな成果である。その中で最も感じたことは「子ども理解」の大切さである。現場ではともすると教育の技術面に気持ちが偏りがちである。しかし,児童・生徒が自分事として,切実感をもち取り組む学習者主体の授業づくりの大切さを感じた。大学院で理論を学んだ今だからこそ,そのことを強く意識できるようになったことが私の学びの成果だと感じている。

〇現職(子ども支援)信夫 辰規
 教職大学院を終えるにあたり、岩手大学の先生方をはじめ実習校や教育委員会の先生方にお世話を頂き、無事に修了できること感謝いたします。2年間の講義や実習を通して多様な分野の知見が身についたと感じています。大学院での生活においても異校種の先生方との交流により様々な意見や情報の交換ができたことも学びの一つだと考えています。大学院で学んだ「理論」をもとに今後、現場での実践に活かし、被災地の子供たちへの支援へとつなげていきたいと思います。

〇現職(特別支援)坪谷 有也 
 教職大学院での2年間は,たいへん有意義でした。教職大学院で過ごした時間は,階段の踊り場にいるようなもので,下の階段を見ては自己のキャリアを省察的に捉え,上の階段を見ては大学院での学びの成果をどのように学校現場に還元していくかというビジョンを意識しました。階段の踊り場は,その次の階段に上がるための資質・能力の向上の場です。本大学院は,そのための教育委員会や連携協力校での実習や,各分野を代表する教授との熟議の場が充実しています。階段の踊り場で,自己の資質・能力を磨く時間をいただいことに感謝しております。 

〇現職(学校マネジメント)佐々木 康人
 教職大学院での2年間の学びは、「いわての学校教育」を広い視野と高い視点から捉え直す貴重な時間となりました。学校マネジメント、授業研究、子ども支援、特別支援教育等の理論的な学びと、岩手県教育委員会を初めとする教育行政機関での研修により、これまでの教育実践を客観的に振り返ることができました。また、そのことが新たな実践意欲につながっております。小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の先生方、そして若さ溢れる学卒院生の皆さんと共に学んだ2年間は、自分にとってかけがえのない財産となりました。