岩手大学教育学部附属幼稚園

講座1  あと10人ほど申込可能です。

講座2  あと15人ほど申込可能です。

講座3  申し込みを締め切ります。

 ☆申し込みされる方は、FAXにてお願いします。(FAX0196534608

 

2019年度ワークショップ実技講習会参観者へのご連絡

 ワークショップへ申し込みいただきましてありがとうございます。

 各講座にかかわる連絡事項です。確認の上、ご参加ください。よろしくお願いします。

【講座1】

  ・持ち物:雨天の場合は、傘またはレインコート

  ・服 装:汚れてもよい服装

  ・その他:保育室と園庭で実技講習会を行います。

【講座2】

  ・持ち物:タオル、水筒

  ・服 装:動きやすい服装(ジャージ等)

  ・その他:ホールで実技講習会を行います。

【講座3】

  ・持ち物:自分の読み聞かせを聞いてもらいたい人は、その絵本。

  ・服 装:何でもよい。

  ・その他:参加申込者に、こちらから事前アンケートをお送りします。5月30日までにFAXで返信してください。

 

 

附属幼稚園は、昭和3年4月、内丸の地に創立し、今年、創立90周年を迎えました。つきましては、創立90周年事業の一つとして、下記のように「講演会」を開催いたします。参加希望の方は、往復ハガキで当園までお申し込みください。尚、当日参加も可能です。

 

 

 

秋の風が心地よい季節になってきました。この心地よい季節の中、先日行われた運動会に向けても、体を動かす楽しさを味わった子どもたちですが、さらに多様な動きが引き出されていくために、園庭の森の奥に、体を動かすことができる場を設営しました。卒園児のお父さんとその仲間の消防士8名の皆さんが集合し、ロープを使った環境作りをしてくださいました。作るプロセスにも興味津々の子どもたち。完成すると、さっそくチャレンジが始まっていました。

「たか~い!」と年長児は、てっぺんまで登ることができる自分を感じて喜んでいました。

「ゆらゆらしていて気持ちがいいね!本当にねちゃおう~。」と年中児は、ハンモックにして楽しむ姿も見られました。

「できるから見ていて!」と言いながら、ゆっくりゆっくりとのぼっていく年少児でした。

これから、どんな楽しみを見つけながら遊ぶのか、楽しみです。

卒園しても、園の環境や子どもたちのために力をかして下さることに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

園庭の桜が満開になりました。春を感じながら気持ちよく動き出している子どもたちです。

広告紙を丸めて作った望遠鏡で、築山から園庭の桜を眺める年少児。

ぼくたちの帽子の色と同じ色が咲いている!チューリップ、ユキヤナギ、レンギョウ・・・など、次々咲いていく花みつけの探検を楽しむ年中児。

桜をもっと近くで見てみたいと、木に登ってみたり、木の下のテーブルでスケッチしたりする年長児。

 

そして、年長児は、満開の桜の木の下で、お茶会もしました。時折、ひらひらと舞い落ちる桜の花びらが茶碗に入ると「ラッキー!」と歓声が。桜とお花見団子と抹茶を、ひと時堪能しました。

園庭の環境にかかわり、これからまたどんな遊びが展開するか、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 早いもので、3月16日は年長組の修了式です。

 冬休み明けからこれまで、年長組は、年長としての大事な役割である小鳥当番や集会時の椅子の設営などを、少しずつ年中組に引き継いできました。

 このような活動を通して、年長組は幼稚園の修了が近いことを自覚し、年中組は「こんどは自分達が年長組」と年長組への期待を膨らませてきました。

 2月の終わり、年長組は楽しかった幼稚園最後の思い出として、自分達自身も楽しみ、小さい組にも楽しんでもらう活動をしようと「たんぽぽ・きくスペシャルワールド」を企画しました。

「たんぽぽ・きくスペシャルワールド」のメインアトラクションは、スキー場です。

まずは、「けいこく」の注意書きをよく読んでから始めます。

「わー、すべるすべる!」そり、最高!

ゲレンデ周辺には、いろいろなアトラクションがあります。

「お敷き舞」 1月の神楽鑑賞会で見た、圧巻の技を再現。すごいね!

 

「射的」 いろんな景品がもらえる「射的」は大人気!

 

おいしいスイーツが評判のカフェでは思わず笑顔になります。

 

 最後は、年長組がアーチを作ってお見送り。

「小さい組さんがすごく喜んでくれたね」「やったね!」

みんなで力を合わせて、「たんぽぽ・きくスペシャルランド」大成功!

 

 

 

1 2 3 4 5 6

ページトップへ戻る