岩手大学「学校安全学シンポジウム2020」(オンラインセミナー方式)の開催について → 終了しました。

 本学部では令和2年4月から附属教育実践・学校安全学研究開発センターを新たに設立し、東日本大震災の教訓を学問体系の中に位置づけ、災害安全(防災)を含む幅広い学校安全の充実に資する「学校安全学」の確立と普及に努めているところです。

 その一環として、このたび、標記シンポジウムをオンラインセミナー方式により、下記のとおり開催することとなりましたので、お知らせいたします。

 開催日時:令和2年11月14日(土) 13:30~16:10

 開催方法:オンラインセミナー方式(Zoom Webinarを使用予定。)

 テーマ:「学校安全学の多元性と今日的課題」

 定員:100名(定員に達し次第、受付終了。)

 参加費:無料

 主催:岩手大学教育学部附属教育実践・学校安全学研究開発センター、岩手大学教育学部、岩手大学教職大学院、岩手大学地域防災研究センター

 共催:岩手県教育委員会   

 後援:日本安全教育学会(申請中)

 申込み:オンラインフォーム

 岩手大学「学校安全学シンポジウム2020」チラシ

 シンポジウム資料はこちら