「いわて学びの改革研究事業」の令和2年度の研究成果を取りまとめました。

「いわて学びの改革研究事業」について

 

 岩手県が策定した「いわて県民計画(2019~2028)」中の第6章 新しい時代を切り拓くプロジェクト、8 学びの改革プロジェクトに基づき、研究主幹機関を岩手大学教育学部(実施本部長:宇佐美公生学部長、研究主幹:宮川洋一教授)が務め、岩手県教育委員会、岩手県立大学と連携して「いわて学びの改革研究チーム」を組織して令和2年度から事業を実施しています(~令和4年度)。

 盛岡市立飯岡小・中学校、一戸町立一戸小・中学校、及び岩手県立盛岡第三、花巻北、水沢の三高校を「いわて学びの改革研究指定校」とし、ICTを活用した『主体的・対話的で深い学び』の実践・実証を行っています。

 

詳しくは、~令和2年度の取組~をご覧ください。