教職大学院の授業風景②

教職大学院の前期に行われた授業の中の一つを紹介します。「岩手の教育課題」という授業です。岩手の教育課題の中で、自然豊かな岩手県では、防災教育も課題となっています。授業では、学校の防災教育がどうあるべきかをグループごとに話し合いました。地域連携や心のケアの重要性を知り、それらを事前・発生時・事後の指導に生かしていくことが挙げられました。今後も現職の先生方、学卒での話しあいの中で、視野を広げながら学びを深めていきます。