教育学研究科紹介

院生メッセージ

〇学卒(授業力・小学校)菊池 紗江
 今の自分に何が足りないか、これからどのようなことをできるようになればよいか、自分の考えを見つめ直した2年間だったと思います。大学の授業では、現職の先生方と共に学ぶことで、学部の時とは違う視点から自分の考えを深めることができました。また、連携協力校の実習では、授業は学級経営の核であるということを実感し、実際に学校で働くとはどのような事なのか、学校・学年・学級の経営を通して学ばせていただきました。この学びと経験を胸に、支えてくださったみなさまへの感謝と、学び続ける姿勢を忘れず、岩手の教員として働いていきたいです。

〇学卒(授業力・中学校)花舘 めぐみ
 この2年間で知識や経験の不足を補い、学部の頃の不安を自信に変えることができました。
専門教科については、実際に生徒を相手にして研究を行ったことで、これからの実践の選択肢を増やすことができました。また、教科以外のことも幅広く学ぶことができ、特に子ども支援に関しては、事例を通して具体的に学べたことで、なんとなく行っていた生徒との関わり方が、少しずつ根拠の伴うものに変化してきたように感じています。院生室で過ごす日々は、現職・学卒関係なく講義や実習について議論し、教科を超えて研究について相談し合い、とても充実していました。大学院での2年間全てが今後の教員生活の支えになると思います。

〇学卒(授業力・高校)櫻庭 裕晃
 高等学校の採用をいただいた中で、学ぶ機会を選択したのは、大きな転機だったと思います。特に、特別支援教育について、実践研究に関しては無知であったため、新鮮な学びでした。特別支援教育の実態と必要性から、私に出来ること、するべきことを見極め、その内容を学べたのは大きいと感じています。教員の力は、微微たるもので、然るべき機関や人との連携が大切であり、大きな力を生むのだと、今は考えています。実践研究では、成功と失敗の両方を見て、体験できたことは価値ある時間でした。現場では、失敗した経験も必ず生きると確信しています。今後は、研究目的、実践方法を制御し、実りある研究活動、教育活動を進め
ていきたいと思います。

〇学卒(特別支援教育力)小山 聖佳
 本大学院において,現職の先生方や仲間と共に学び,高め合えたことは,私にとってかけがえのない時間となりました。その学びを支えて下さったのは,連携協力校の先生方をはじめとする実務家教員や研究者教員の先生方のご指導によるものです。特別支援教育力開発プログラムにおける長期実習では,理論と実践の往還を常に行い,新任教員として「即戦力となる資質」や「教員としての素養」が高まったと考えます。修了時には,教員としての自己成長を振り返り,今後の自己課題を把握することで,学校現場に出てからの目標を明確にすることができました。今後も本大学院における学びを糧に「学び続ける教員」として,自らの資質を向上させていきます。

〇現職(授業力・小学校)和田 裕之
 教職大学院在学中は,先生方の教えをいただきながら,自身の研究を進めることができました。本当にありがとうございました。授業や実習,ゼミ等で新たな知見を得ながらも,これまでの教職経験を振り返ることができた2年間は,とても充実していて有意義な時間でした。また,異校種の先生方や学卒院生らと議論や対話を通して学びを深めることができたのは教職大学院ならであり,私にとって貴重な財産となりました。今後は,2年間の学びを生かし,岩手の子ども達のために邁進していきたいと思います。

〇現職(子ども支援力)金野 浩二
 2年間の教職大学院での学びによって、教育に関する新たな視点を得ることができました。講義では学校教育に係る様々な理論や社会における学校教育の意義などを学び、実習ではマネジメントや子ども支援など岩手大学教職大学院ならではの多様な体験をすることができました。それにより、理論と実践とを関連付けながら学びを深めていくことができました。子ども支援力開発プログラムにおいては生徒指導や教育相談、学校カウンセリング技法などについて具体的な事例を交えながら学び、学校現場ですぐに活かせる価値あるものを多く得ました。子どもの抱える不安や悩みは多様ですが、大学院での学びを活かすことで子どもたちの力になりたいです。

〇現職(特別支援教育力)上川 達也 
 新設の大学院1・2年生が揃う完成時に入学し,1期生の足跡を手本に試行錯誤しながら充実した2年間を過ごしました。教職大学院での学びは,修士課程と異なり,校種や経験の枠を越えて学び合うことから教育の根本を見つめ直し,専門である特別支援教育を再考する有意義なものでした。また,各種実習を通して広い視野で事象を捉える見方・考え方を得たと実感しています。日々の学修は,吸収することが多く,新しい自分作りの場となりました。受講したどの科目も理論的に事象を捉え,客観的に評価し,改善と実践を目指す内容と方法で,大変貴重な経験でした。このような充実した学びの場をいただき,改めて関係各位に,感謝申し上げます。

〇現職(学校マネジメント力)鈴木 義幸
 小・中・高・特別支援学校の現職院生と若さあふれる学卒院生の皆さんと,校種や年齢を越えて共に学ぶことのできた2年間は本当に貴重な経験となりました。学校マネジメントを中心に,各教科,子ども支援,特別支援教育等の講義や演習による理論的な学修,岩手県教育委員会をはじめとする教育行政機関での実習や連携協力校での授業研究等による実践的な学修を通して,理論と実践の融合を図り,学びを深めることができました。学校教育について改めて捉え直し,教員としての資質・能力の向上を図る上で,とても有意義な時間となりました。教職大学院で学ぶ貴重な機会をいただきました岩手大学,岩手県教育委員会の皆様に心より感謝申し上げます。