サブコース紹介

国語教育科

国語教育科

国語教育科の紹介

 国語教育科の教員は、小学校教育コース国語サブコース及び中学校教育コース国語サブコースでの教育活動を担当しています。国語サブコースの授業科目は、大きく教科専門科目と教科教育科目に分かれています。教科専門科目としては、現代・古典の日本文学を学ぶことによって文章の読解力・表現力を向上させ人間の思想・信条についても深く理解する国文学分野、日本語の文法・語彙・方言・歴史等について学び言語コミュニケーションの全体的理解を深める日本語学分野、日本文化に大きな歴史的影響を与えている中国古典について学ぶ漢文学分野の授業科目が用意されています。これらの教科専門科目を踏まえて、国語科の授業実践について理論・歴史・臨床等の観点から学ぶ国語科の「扇の要」としての国語科教育分野の授業科目が教科教育科目として置かれています。また、近年の国際課に伴い生じている学校内での日本語支援の必要性に対応するために、日本語教育分野の授業科目も用意されています。これらの授業科目の現在の担当教員体制は以下に示す通りですが、これらに加えて学内兼任教員(日本語教育分野)・非常勤講師が教育体制に加わることによって、充実した国語科に関する教育活動を展開しています。

研究室の紹介 - 教 授 : 大野 眞男 -

oono

 大野の研究は大きく二つの領域に分れています。一つは日本語の地域的変異、つまり方言の研究です。全国的にいろいろな方言を見渡してきましたが、若い頃から取り組んできた琉球方言を含めて、文献資料に乏しい日本語周辺地域の方言に関する歴史的研究です。もう一つは、明治期から現代に至るまでの方言や標準語の問題に関連して、言語政策の観点から国語の近代化を相対化し、日本語の未来の姿を展望する社会言語学的研究です。

<研究内容>
社会言語学、国語政策、音声学、方言学
<講演・講義可能なテーマ>
国語の近代化、日本語と現代社会、地域の言語生活と方言

 

研究室の紹介 - 教 授 : 藪 敏裕 -

yabu

 古代中国における詩・書を中心とする古典が制作・伝承され経書となる過程を解明する、儒教経典形成史を専門とする。特に原子儒教が孔子を経由して漢代に経学となる過程に関心の中心を置き、文化史的、思想史的な観点から解明を進めている。また近年は、西洋近代に生まれたこうした文献学的な研究方法自体の問題点を、伝統的な経書の扱いと比較することによって問い直し、新出土資料等を使用して歴史的・批判的方法によっては解明できない経書の研究方法の模索を進めている。

<研究内容>
詩経解釈史、儒教成立史、漢代思想史
<講演・講義可能なテーマ>
古代中国文化史、東アジアにおける平泉庭園の系譜
出土資料からみた儒教の成立

 

研究室の紹介 - 教 授 : 菊地 悟 -

 ここ数年担当している日本語教育実習が国際交流基金の海外日本語インターンシップ事業に採択され、清華大学での本実習に加えて寧波大学での見学実習を実現できました。寧波大学は私自身初訪問でしたが教育学部ゆかりの先生方のおかげで、充実した実習になりました。研究の方では、『和英語林集成』再版「英和の部」の索引作りが逆引き確認の作業を終えたところです。また、啄木の「ローマ字日記」のローマ字表記研究、「菜食」「妙齢」の語史研究が課題です。

<研究内容>
『和英語林集成』「英知の部」を中心とする訳語研究、語種イメージの研究 
石川啄木のローマ字表記の研究
<講演・講義可能なテーマ>
外来語と訳語、いろはと五十音
啄木のローマ字

研究室の紹介 - 教 授 : 藤井 知弘 -

 国語科教育学を専門としています。埼玉の大宮で小学校教員をしていたので、学校現場に研究の基盤を置き、国語の授業創り、授業研究と分析などを講義やゼミなどで学生と一緒に探求しています。日本国語教育学会、全国大学国語教育学会、日本教育方法学会、日本読書学会などに所属しており、最新の国語教育に常に目を向けながら研究活動をしています。研究室では今まで多くの卒業生を出しましたが、正規教員に87%の人がなっています。教科として最も時間数の多い国語科です。教員養成も重要な意味を持っています。

<研究内容>
国語科教育における読書教育の研究(読者論、読者反応研究を中心に)
教育実践場面における学習者研究、国語教育実践場面分析
<講演・講義可能なテーマ>
子どもと読書、国語の授業方法論、子どもと学校生活、
言語生活と国語力

研究室の紹介 - 准教授 : 田中 成行 -

 石川県七尾市出身で、東京で三十数年教育現場で学び合い、異動してきました。岩手大学だからこそできることがあると考えたからです。東京と岩手を何度も往復した農業科学者でもある卒業生・宮沢賢治や、生活歌人・石川啄木を生み育てた岩手県。ここには厳しいけれども豊かな自然とそこで精一杯生きる人々の独自の豊かな文化、風土、あたたかな心が有ります。震災での多くの尊い犠牲の後も、その方々への思いを尊い力として新たな生活と文化を生み出しつつあります。鎮魂から魂振りへ。各地域での積極的な芸能実践もその現れです。そんな豊かな岩手での国語教育の実践研究に共に取り組み、その成果「心の花」を共に日本中、そして世界中に発信してゆきましょう。研究室では、教育実習で取り組む具体的な教材研究や、古典から現代文学までの名作の原文、例えば「雨ニモマケズ」の「ヒドリ」とある原文を丁寧に読むように、本物をまず我々が感動できるまでしっかり読み込んで、具体的な根拠をあげてその価値を率直に語り合い、子ども達の実態にふさわしい新たな教材を生み出すことが目指す実践研究を進めています。そしてそれを志す学生達が集い、本気の対話を重ねて一つ一つ新たに生み出しつつあります。

 

 

<研究内容>
国語科の「教材研究」を、まず正確な原文の「作品研究」をふまえた上で、子どもの実態に即した内容の教材化まで追究することを目指す。つまり古代の『万葉集』から『古今和歌集』『竹取物語』『枕草子』、中世の『方丈記』『平家物語』から古典歌舞劇(ミュージカル)能・狂言、近世の『奥の細道』そして近・現代文学の翻訳小説『故郷』や、石川啄木や宮澤賢治の作品から『走れメロス』等まで、防災教育も含めて教材としての価値を具体的に追究する。
・専門分野・・・国語教育、教材研究、文学教育、古典教育、宮澤賢治、中世文学(能)、芸能と文学、防災教育
<講演・講義可能なテーマ>
命を守る言葉「姉吉の碑(あねよしのいしぶみ)」の韻文と散文の工夫を今に生かす
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」と井伏鱒󠄀二の『黒い雨』の中の「雨ニモマケズ」
宮沢賢治の『虔十公園林』とジャンジオノの『木を植えた人』の独自性と普遍性
能の名作を読み映像で鑑賞する「敦盛」「船弁慶」「井筒」「融」「隅田川」「定家」「道成寺」等
長谷川等伯作国宝『松林図屏風』の中の雪山が遙拝所の有った根上り地区から眺めた白山説

 

研究室の紹介 - 特命准教授: 佐藤 龍一 -

私の研究テーマの大きな柱は宮沢賢治です。石川啄木、草野心平、高村光太郎、黄瀛(こうえい)といった文学者との交流を検証しながら、賢治がなぜ、世界で読まれる作家となったのかを探求するとともに、作品の読解を行っています。中国及び中国文学への関心から、夏目漱石の魯迅への文学的な影響、三国志と日本人等に関しても研究を重ねています。

<研究内容>
宮沢賢治・石川啄木に関する文学研究、魯迅と日本文学、日本児童文学史、三国志
<講演・講義可能なテーマ>
石川啄木と宮沢賢治、草野心平と宮沢賢治、宮沢賢治とエスペラント、原敬と新渡戸稲造、三国志と日本人